恋は三十路をすぎてから 甘詰留太

恋は三十路をすぎてから

 

甘詰留太

 

 

仕事一筋で高卒で主任まで登りつめたが、気がついたら30を過ぎていた上原さくら。
そこにW大新卒の7つ年下の山田悠が配属された。
仕事もでき、要領も良い、頭も良い、彼の指導係となったさくらは彼が嫌いだった。

 

1年で仕事を覚えさくらを異動させるほどにまで成長し、さくらのプライドはぼろぼろ。
仕事中に泣き出す始末。
そこを悠に助けられて、貸し?を返す為に2人でデートする。
最後はホテルでエッチ?ところが、そこで悠が童貞だと知るさくら。
さくらのことを本気で惚れている悠への愛しさもあり、素直にならないさくらと悠の二人の恋愛はスタートする。


ホーム RSS購読 サイトマップ